脂肪がつきやすい太ももを細くする方法~スマートに痩せるコツ~

体調を整える注目のお茶

緑茶

お茶は体に良い

お茶にはカテキンやポリフェノール、ビタミン類など含まれているので、抗酸化力が強く、体にも良い飲み物として知られています。特に緑茶は風邪の時期にうがいとして使用すると喉の調子を整え風邪を予防する効能もあります。様々な効果が期待できるお茶として桑の葉茶があります。桑の葉茶はカルシウムが豊富で牛乳の約24倍、鉄分は納豆の約15倍含まれています。この他にもビタミンやカリウム、ポリフェノール、食物繊維、葉緑素なども含まれており、血糖値や血圧を下げることのできるDNJも多く含まれています。DNJは桑の葉茶のみの成分で、血糖値の上昇を抑えるので体脂肪も抑制することができます。桑の葉茶は普通のお茶に比べ栄養価が高いのが特徴です。

どのような作用があるか

桑の葉茶は体を健康に維持する栄養素が多く含まれています。特に血糖値の上昇を抑える働きは強く、緑色の植物の中で最も血糖降下の作用が強くなっています。そのため糖尿病の改善やカロリーのコントロール、ブドウ糖吸収の適切なコントロールをすることができます。この他、血液をサラサラにする、便秘解消などの効能もあり、葉緑素の力で貧血予防や改善にも効能があります。抗酸化力も強いのでがん予防や放射性物質の対応もすることができます。桑の葉茶は健康目的で飲むことが多いですが、ダイエットにも効能があります。桑の葉茶特有の成分であるDNJやカリウムはむくみを改善するだけでなく、デトックス効果もあり出来てしまったセルライトも解消することができます。